チ カ ☆ タ ビ

アクセスカウンタ

zoom RSS ラッキーな部分とセンス

<<   作成日時 : 2007/10/09 23:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

このことは、書かないでおこうとも思っていたけど、
書かない理由もないことに気づいた。
むしろ、書くことは自分にとってプラスかもしれない。

31日の本番に向けた第1段のプレゼン。
結論からいえば、次は、30日、つまり前日、ということに決まり、
とりあえずは、大きな組み直しは必要ないとのこと。
まだまだ練り直しが必要の箇所はあるが、
とりあえずは一安心。

さて、私がこれまでやってきたことをまとめて提示することは
初めてだった。
半分くらい聞いている人、
最後の4分の1だけかじって、その背景がわからない人、
状況は様々だが、
自分にとっても、まとめていく作業は、再発見の連続だった。
そして、模索の作業は案外楽しかったかもしれない。

かなり根本的なことを問われた。
感情的になって、説明が通じないことを恐れたため、
一息入れて説明を始めた。
質問された時は、どきっとしたけど、
すらすらと自分の立脚点を答えていて、爽快だった。
あまり悩むことなしに、明快に応えたつもりになっている。

私が一つのモデルケースになっていることは、かなりのプレッシャーではあるが、
それに負けないように我が道を作ってきたつもり。
それは、後輩にも、【かなり美化されて】見えているようだ。
そして、その道を導いてきてくださった私のボスは、
そんな道程を考察している。

「ラッキーな部分も必要。センスも必要。」

その文意において、私はどのように評価されているかはわからないが、
今日の応答は、
ボスの思想が自然に刷り込まれてきていることを改めて感じさせられた。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ラッキーな部分とセンス チ カ ☆ タ ビ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる